きちんと家事を評価されることが訪問介護の遣り甲斐

きちんと家事を評価されることが訪問介護の遣り甲斐

訪問介護では要介護認定を受けている高齢者や障害者の方々のお宅に伺って、掃除や調理などの生活介護か入浴介助やパット交換などの身体介護を行います。私の勤めている訪問介護事業所では、掃除や調理などの生活介護が多いです。なので、訪問介護は家事経験のある主婦の方におすすめです。

 

家庭で家事をしていると、どうしても「やっていて当たり前」みたいになってしまいがちです。専業主婦の方は家事ばかりで社会から外れてしまっているような疎外感を感じることもありますし、共働きの場合は女性ばかりが家事に仕事に忙しくなって負担が大きくなることもあります。家事は賃金が発生しないただ働きのようなもので、やることが当たり前になってしまっている為に「ありがとう」の言葉を聞けることも少ないでしょう。

 

訪問介護では1件の訪問で30分〜1時間で掃除をしたり調理を行うので、効率よく家事をこなしていく必要があります。それこそ主婦の方々の腕の見せどころで、実力を発揮させられる場所となります。また、利用者の方々の多くは「ありがとう」というお言葉を下さいます。やはり家事をして賃金が発生すること、誰かの役に立てているんだと感じられることは訪問介護の遣り甲斐だと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ