大変だけど達成感

大変だけど達成感

わたしは、約1年間ショートステイで介護をしていました。
介護って、食事の世話や排泄の世話だけが仕事だと思っていました。
だけど実際にやってみると、掃除をしたり、カルテを書いたり、レクリエーションでみんなと触れ合ったり、お話をしたり、たくさんすることがありました。ある意味接客業兼サービス業って感じです。
お話を聞いたり、会話をしたりすることで、利用者さんはとても喜んでくれます。
ありきたりなことかもしれませんが、利用者さんの喜ぶ顔や、感謝の言葉などを受けると、すごくやりがいを感じます。
お年寄りの笑顔ってすごく柔らかくて和みます。
わたしは平成生まれで、昔の遊びや歌など、よくわからなかったですが、利用者さんと触れ合ううちに、少しずつ覚えてきました。

 

利用者さんが私たち介助者に心を開いてくれるのは、結構時間がかかりますが、心を開いてくれた時はとっても嬉しいです。達成感が湧いて、もっと頑張ろうって思えました。
わたしのことを孫みたいに可愛がってくれたり気に入ってくれたりして、すごく嬉しかったです。何度も辞めたいと思う時がありましたが、今思うと、続けててよかったなって思います。
今はもう介護職から離れてしまいましたが、自分の身内が介護が必要な状態になった時に、働いていた時のことを思い出して介護していきたいと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ